新着情報

新原料として発酵びわ葉茶を開発しました

Nagasaki – BIWA TEA –

大薬王樹(だいやくおうじゅ)の異名をもつ「びわ」
びわの木は、古い仏教経典では「大薬王樹」という名で紹介され、民間療薬として親しまれてきました。
お釈迦様の教えを説いた「涅槃経(ねはんきょう)」の中に、「大薬王樹は、枝、葉、茎ともに大薬なり。病者は香をかぎ、手に触れ、舌で舐めて、ことごとく諸苦を治す」と記されています。

biwa_01

biwa_02

biwa_03

biwa_04

Copyright © FICOPORATION. All rights reserved.