発酵びわ葉茶

Nagasaki – BIWA TEA –

大薬王樹(だいやくおうじゅ)の異名をもつ「びわ」
びわの木は、古い仏教経典では「大薬王樹」という名で紹介され、民間療薬として親しまれてきました。
お釈迦様の教えを説いた「涅槃経(ねはんきょう)」の中に、「大薬王樹は、枝、葉、茎ともに大薬なり。病者は香をかぎ、手に触れ、舌で舐めて、ことごとく諸苦を治す」と記されています。

発酵びわ葉茶産地

特徴1 びわの生産日本一長崎県

特徴1 びわの生産日本一長崎県
びわの生産数

栽培面積 612ha
生産量 1,920t

平成21年度実績

世界発の製茶法「二種混合発酵製法」

<発酵びわ葉茶の機能性成分>

カテキン重合ポリフェノール

烏龍茶などに含まれるポリフェノールと同じような構造を持ち、炭水化物や脂肪の分解酵素へ働きかけ、糖や脂質の体内への吸収を抑制します。

2種のお茶細胞の混合による発酵

1.肝臓での脂肪酸の合成を抑制するとともに脂肪酸の分解を促進

2.食事の脂肪が、小腸で消化される際のリパーゼの働きを阻害、吸収を抑制

3.高い炭水化物分解酵素阻害により、小腸での糖の吸収を抑制・遅延

Copyright © FICOPORATION. All rights reserved.